洗濯機の相談室トップページ


洗濯槽に付着したカビはどうすればよいのか考えます。是非当相談室をご覧下さい


洗濯機の相談室のご案内

洗濯機に関する疑問点は!

洗濯機の相談室は洗濯機を購入するときの比較ポイントや設置を行う方法、故障時のチェックポイント、専門用語、など洗濯機に関する事を分かりやすくまとめて皆様にお知らせする事を目的に公開しております。

洗濯機の比較なら

電気代や洗濯時間、洗濯時の音などいろいろな観点から洗濯機の比較をしてみました。また、ドラム式や乾燥機能付き洗濯機をタイプ別に解説しております。

続きは→「洗濯機の比較」「洗濯機のタイプ別比較」のページをご覧下さい。


洗濯機の設置方法なら

設置場所の採寸、開梱から水道ホース、排水ホースの取り付けまで、洗濯機の設置方法を説明します。

続きは→「洗濯機の設置」ページをご覧下さい。


洗濯機のカビで困ったら

全自動洗濯機の内部にはカビがイッパイ繁殖している場合があります。カビの実態調査や対策方法を考えてみました。

続きは→「洗濯機のカビ対策」のページをご覧下さい。


洗濯機のトラブルなら

洗濯機が故障したら、簡単な対処方法を一度チェックして下さい。それでもダメなら、修理の依頼を行ってください。

続きは→「洗濯機トラブル」のページをご覧下さい。


三洋電機全自動洗濯機の点検・修理・部品交換ののお知らせ(平成26年5月19日)

三洋電機株式会社より洗濯機の点検・修理に関しましてのプレスリリースが入りました。詳細は→「電気衣類乾燥機 事故防止のためのリコール社告実施について」をご覧下さい。
1994年5月から2011年11月までに製造された電気衣類乾燥機14機種が該当し、事故防止のため市場対応を行います。

下記はそのプレスリリースからの引用ですので、詳細は三洋電機株式会社にお問合わせください。

三洋電機製 電気衣類乾燥機 事故防止のためのリコール社告実施について

1994年5月から2011年11月までに製造した電気衣類乾燥機14機種について事故防止のため市場対応を行います。
当該製品において、制御基板に搭載されている部品から発煙・発火に至る事故が3件発生いたしました。
いずれも人的被害には至っておりません。
当社は今後の事故防止のためにリコール社告を行い、対象製品をご使用中のお客様には、ご使用を中止いただくようお願いいたしますとともに、無料で点検・修理を実施させていただきます。

該当機種:
対象機種:14機種(1994年5月〜2011年11月製造) 480,043台

サンヨーブランド 角型 CD-45A2 CD-45Z2
CD-50D1 CD-502
CD-42D1 CD-S50A
ドーム型 CD-S500 CD-EC521
CD-S451 CD-EC551
CD-ST60
NECブランド 角型 HD-45ZC HD-45ZE
富士通ブランド 角型 HL-42D ES-TG84V(-G/-S)

事故原因

  1. 対象の電気衣類乾燥機において、脱水不足の衣類の投入時やお手入れ時等に、まれに、前面パネルと操作パネルのつなぎ目から浸み込んだ水分が、操作パネル内側の制御基板上のリレー部に滴下、リレー内部に浸入する可能性があることが判明しました。
  2. リレー内部に浸入した水分が原因となり、まれにリレー内部の電極間でトラッキング現象が発生し、リレー部が発煙・発火に至った場合、前面パネル、および操作パネルに延焼する可能性があります。

対策内容

  • お客様宅を訪問し、当該洗濯機を点検の上、クラッチソレノイドのリード線に難燃性のあるビニルテープを巻きつけて補強をするとともに、難燃フェルトを巻いた上で水槽に結束処理を施します。
    また、リード線に断線等の異常が見られるものは、クラッチソレノイドを交換した上で上記対応を実施します。
対象の特定
  • 事故機種と同一リレー部品を使用し、水分がリレー内部に浸入する可能性のある構造の機種を対象といたします。

お客様への対応

  1. 対象製品をお持ちのお客様に、無料で点検・修理を実施いたします。
  2. 5月20日、新聞紙上で、リコール社告を行います。
  3. 当社ホームページでもお知らせいたします。。
    http://panasonic.co.jp/sanyo/info/products_safety/140519.html
  4. フリーダイヤルにてお問い合わせをお受けいたします。

点検お申し出窓口

  • フリーダイヤル(TEL)0120−34−5390
    受付時間
    • 9:00〜21:00(※2014年6月18日まで毎日)
    • 9:00〜17:00(6月19日以降月曜〜金曜の平日)
  • ホームページからお申し込みフォームにて
    http://www.sharp.co.jp/support/announce/es_info_130729.html

シャープ全自動洗濯機の点検・修理・部品交換ののお知らせ(平成25年7月29日)

シャープ株式会社より洗濯機の点検・修理に関しましてのプレスリリースが入りました。詳細は→「全自動洗濯機の無料点検修理のお知らせ」をご覧下さい。
該当機種は1999年から2006年まで製造の42機種とかなりの期間・多機種に及びますので思い当たる場合はご確認下さいませ。

下記はそのプレスリリースからの引用ですので、詳細はシャープ株式会社にお問合わせください。

1999年8月〜2006年12月製造
全自動洗濯機の無料点検修理のお知らせ

1999年8月から2006年12月までに製造しました一部の全自動洗濯機におきまして、内部の電気部品の配線が断線し、稀に発煙・発火する恐れのあることが判明致しました。
これまで人的被害に至る事故の発生はありませんが、周囲の壁等の一部を焼損する製品事故が発生したことを重く受け止め、7月30日(火)の新聞朝刊にてリコール社告を掲載し、お客様に広くお知らせするとともに、専用フリーダイヤルと弊社ホームページでお客様からのお申し出を受け付け、無料で点検と修理を行います。
ご愛用頂いていますお客様には多大なご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。何卒、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

該当機種:
対象機種:42機種(1999年8月〜2006年12月製造) 729,116台

ES-70EE(-C) ES-C75D(-P/-V) ES-LC80B(-C/-H)
ES-72EM(-C) ES-CL75D(-A) ES-M7K(-C)
ES-73EM(-V) ES-CY75D(-Y) ES-N75D(-G)
ES-74EM(-V) ES-D75D(-V/-W) ES-N7K(-C)
ES-75N(-G) ES-D75E2(-A) ES-T730V(-S)
ES-80EE(-C) ES-D85E2(-A) ES-T830V(-S)
ES-82EM(-C) ES-DD8E(-C) ES-TG74V(-G/-N/-S)
ES-83EM(-V) ES-FG74V(-S) ES-TG84V(-G/-S)
ES-84EM(-V) ES-FG84V(-S) ES-U70C(-P/-V)
ES-A70E(-C/-H) ES-G70V6(-W) ES-U70D(-V/-W)
ES-A80E(-C/-H) ES-G80V6(-W) ES-U80C(-P/-V)
ES-AG70D(-V/-W) ES-KG73V(-A/-N) ES-U80D(-V/-W)
ES-AG80D(-V/-W) ES-KG83V(-A/-N) ES-V73V6(-A)
ES-B75D(-C/-P) ES-LC70B(-C/-H) ES-V83V6(-A)

事故原因
対象となる洗濯機は、「洗い・すすぎ」と「脱水」の動力を切り替える電気部品(クラッチソレノイド)のリード線が、水槽の下部に結束バンドで固定されています。
この結束部分の固定状態や洗濯機の設置環境による振動など様々な要因が重なり、リード線の保護チューブと結束バンドが擦れて、保護チューブが破損するケースがあります。
さらに、保護チューブが破損することで露出したリード線自体の被覆が破れ、断線に至る場合があります。
この状態で、稀ではありますが断線部で放電が発生した場合、発火、水槽への類焼に至るものです。

点検内容
お客様宅を訪問し、当該洗濯機を点検の上、クラッチソレノイドのリード線に難燃性のあるビニルテープを巻きつけて補強をするとともに、難燃フェルトを巻いた上で水槽に結束処理を施します。
また、リード線に断線等の異常が見られるものは、クラッチソレノイドを交換した上で上記対応を実施します。

点検お申し出窓口


サンヨー洗濯乾燥機の点検・修理のお知らせ(平成21年9月24日)

三洋電機(サンヨー)より洗濯機の点検・修理及び代替機への交換に関しましての続報が入りました。詳細は→「トップオープンドラム式洗濯乾燥機についてお詫びと無料点検・修理のお願い」をご覧下さい。
該当機種は過去4度のリコールが行われていますが、今回5度目の告知となります

下記はその引用ですので、詳細は三洋電機にお問合わせください

トップオープンドラム式洗濯乾燥機をご使用のお客様へのお詫びと無料点検および一部機種の製品交換に関するお知らせ

三洋電機株式会社が2003年6月から2004年11月にかけて販売し、3度のリコールと、1度の再告知を行い市場対応してまいりましたトップオープンドラム式洗濯乾燥機「AWD-B860Z」において、修理時における作業不備が原因の発火事故が1件発生しました。
三洋電機では、修理・対策済みの製品により事故が発生したことを受け、トップオープンドラム式洗濯乾燥機のリコール対象9機種全数の再点検を実施することを決定しました。また、今回の事故機である「AWD-B860Z」および同様の構造を持つ「AWD-A845Z」「AWD-U860Z」、「AWD-S8260Z」の4機種につきましては、点検で安全性を確保したうえで、後日、同等機種への商品交換を実施いたします。

<対象機種・対策内容の詳細はこちら>
リコール対象9機種をお持ちのお客さまにおかれましては、度重なるご迷惑をおかけしますことを深くお詫びするとともに、再度の点検へのご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。今回の点検が終了するまでの間は、乾燥及びスチーム洗浄運転のご使用を中止いただき、下記窓口までご連絡いただきますようお願い申し上げます。

該当機種:
【安全点検をした後、後日交換させていただく機種】:AWD-A845Z、AWD-B860Z、AWD-U860Z、AWD-S8260Z
【安全点検させていただく機種】:AWD-GT960Z、AWD-S9260Z、AWD-ST86Z、AWD-X1、AWD-U1


画像クリックで拡大

連絡先フリーダイヤル(TEL)0120-34-3226

受付時間

  • 9:00〜19:00(09年10月31日まで毎日)
  • 9:00〜17:00(09年11月1日以降、土・日・祝は除く)

東芝社製ドラム式洗濯乾燥機の点検・修理のお知らせ(平成20年4月15日)

東芝より洗濯機の点検・修理に関しましてのニュースプレス発表がありました。詳細は→お詫びと無料点検・修理のお願いをご覧下さい。

下記はその引用ですので、詳細は東芝にお問合わせください。

東芝ホームランドリー(ドラム式洗濯乾燥機)をご使用のお客様へ

下記の東芝製ホームランドリー(ドラム式洗濯乾燥機)において、本体内に垂れ落ちた液体洗剤がリード線部に付着し、リード線皮膜の絶縁が劣化して、製品のご使用時に発煙・発火の可能性があることが判明いたしました。
つきましては、今後とも安心してお使いいただくために、無料で点検・修理を実施させていただきます。
お客様には大変ご迷惑、ご心配をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げるとともに、対象のホームランドリーをご使用のお客様は、下記の受付窓口までご連絡くださいますよう謹んでお願い申し上げます。
特に、これまでに液体洗剤をご使用されたお客様におかれましては、洗剤投入ケースへの投入の際に液体洗剤が本体内に垂れ落ちている可能性があるため、ご使用を中止して、下記の受付窓口にご連絡をお願い致します。

該当機種:
形名 本体の機種名表示(色表示を含む)
TW-742EX TW-742EX(L)、TW-742EX(H)、TW-742EX(S)、TW-742EX(C)、TW-742EX(W)、TW-742EX(V)
TW-742MX TW-742MX(H)
TW-742V5 TW-742V5(S)、TW-742V5(H)、TW-742V5(L)

080415.jpg

製造期間:2002年(平成14年)8月〜2003年(平成15年)8月

ご相談・お問合せ窓口

東芝ホームアプライアンス:0120−710−508[フリーダイアル(無料)、携帯電話からもご利用いただけます]

  • 2008年4月16日より受付開始
  • 2008年5月 9日まで(土・日・祝日含め)  9:00〜19:00
  • 2008年5月10日以降(土・日・祝日除き)  9:00〜17:00
その他

お客様からご連絡いただくお名前、ご住所、電話番号等のお客様の個人情報は本件の無料点検修理のためにのみ利用し、弊社で責任を持って管理致します。
なお、これらの業務に携わる協力会社へも弊社からお客様の個人情報を開示することがありますが、弊社と同等の管理を行わせます。


洗濯乾燥機の点検・修理のお知らせ(平成20年2月26日)

三洋電機(サンヨー)より洗濯機の点検・修理に関しましての続報が入りました。詳細は→「洗濯乾燥機再度巡回点検のお願い」をご覧下さい。
該当機種は過去2度のリコールが行われていますが、今回3度目となります

下記はその引用ですので、詳細は三洋電機にお問合わせください

洗濯乾燥機(AWD-A845Z・B860Z・U860Z・S8260Z)再度巡回点検のお願い

2004年9月に発煙・発火の可能性があるとしてお知らせし、洗濯乾燥機の無償点検・修理を実施してまいりましたが、弊社サービス技術員の作業ミスにより、一部不十分な処理があったことが判明いたしました。
その為、弊社と致しまして、お客様に、更に安心してご使用いただけるよう、再度弊社サービス部門より、お客様宅への巡回訪問を行い、点検・修理箇所の見直し・確認をさせていただくことと致しました。

つきましては、無償点検・修理を実施されたお客様に対し、順次ダイレクトメールをお送りさせていただいております。ダイレクトメールの届いたお客様は、郵送又は、ファックスにて、下記弊社、巡回センターまでご返信を賜りますよう、お願い申し上げます。
また、下記の洗濯乾燥機の点検・修理がまだお済でないお客様も、下記のフリーダイヤルまで連絡をお願い申し上げます。
お客様には再度ご心配をおかけいたします事、深くお詫び申し上げますと共に、ご理解・ご協力を賜ります様、よろしくお願い申し上げます。

該当機種:
AWD-A845Z、AWD-B860Z、AWD-U860Z、AWD-S8260Z


画像クリックで拡大

連絡先フリーダイヤル(TEL)0120-34-1199(受付時間:月〜土曜日/9〜20時、日曜・祝日/9〜18時)

連絡先フリーダイアル(FAX)0120-34-3258(24時間受付)


スポンサードリンク


故障や比較、選び方、洗濯槽のクリーニングなど洗濯機に関することなら。 ©2005

質問、疑問、悩み事洗濯機に関する事なら当相談室へ